経営目線で考えるレジアプリ|新開店レストランでタブレット操作のレジアプリを導入

店舗を経営者はレジアプリに関して細かい情報を知っておく必要がある

経営目線で考えるレジアプリ

レジスター

大幅なコスト削減が可能

レジアプリを導入することはお幅なコストの削減に繋がります。まず、トップページでも説明したように導入にかかる費用を抑えることができます。従来のレジの場合、そのマシン一つで何十万円のコストがかかってしまいますが、レジアプリの場合、タブレット端末と月々のアプリの利用料金だけなので、そこまでのコストは掛かりません。その他にも、タブレットレジは目に見えないコスト削減や、利益につながる利用に繋げることが可能です。レジアプリを上手く導入すれば、コスト削減プラス大幅な収益アップが見込めるかもしれないのです。

操作の簡易性に

レジアプリは操作がとても簡単です。この簡単な操作自体を経費削減や収益アップに繋げることができます。普通のレジの場合、アルバイトに操作方法を教えて使いこなすのに、少し時間が掛かるかもしれません。しかし、タブレットレジなら操作を覚えるまでに時間がかからないので、その分違う仕事を教えることができます。小さなことですが、時間を有効に使うということはとても大事です。また、日々のオーダーや会計の操作も簡単で時間がかからないので、レストランなどの飲食店の回転がより速くなります。少しでも回転が速くなれば、大きな利益率アップになります。このような目に見えないことの積み重ねで、半年間や年間で考えたときに大きな差が生まれてくるのです。大型のレストランの場合、アルバイトの人数や時間を減らすことが出来るかもしれません。経営者として導入するメリットは十分ではないでしょうか。

いつどこからでも的確な指示が出せる

タブレットレジアプリはクラウドに接続されています。そのため、インターネット環境とアプリケーションをインストールした端末があれば、店内にいなくても売り上げや回転状況がわかるのです。特に、複数の店舗を同時に見なければならない立場の場合、どこにいながらも、リアルタイムで売り上げや在庫の状況を把握することはとても大事です。レジアプリなら家にいながら、発注の指示などを的確にすることが可能です。また売り上げデータを視覚的に観ることが出来る機能があるので、経営戦略も立てやすいといえます。また、単なる売上データだけではなく、顧客データや日時や天気などの細かい情報と複合していくことで、より効果的なプランを練ることが可能です。レジアプリのさまざまな機能をどのように役立てられるかシュミレーションしたあとに、導入に踏み切りましょう。

広告募集中